ホワイトデーお返しプレゼントの起源と由来

ホワイトデーのお返しプレゼントならもっとも旬なフラワーギフトがおすすめ!

ホワイトデーのフラワーギフト

ホワイトデーの起源と由来

バレンタインデーのお返しの日として設定されているホワイトデーは、モテる男性にのみ許されたイベント。好きな女性の誕生日やクリスマスに勝手にプレゼントをあげることはできませんが、ホワイトデーにそれをするのはとても勇気がいることです。仮に実行したとしても成功率は低いでしょう。

ホワイトデーを3月14日と定めたのは理由があります。ローマ帝国時代に結婚を禁じられた男女が聖人ウァレンティヌス(バレンタイン)に救われ、永遠の愛を誓った日が3月14日なのです。ちなみに聖人ウァレンティヌスはローマ皇帝の怒りを買い、2月14日に処刑されました。

ホワイトデーの起源は全国飴菓子工業協同組合がはじめたイベントという説が一般的ですが、それに異を唱える声も。福岡県のお菓子屋さん「石村萬盛堂」では、このお店が提唱したバレンタインのお返しにはマシュマロを贈ろうという「マシュマロデー」がホワイトデーの起源だと主張しています。

キャンデーやマシュマロはきちんとした由来があるのに、クッキーにはホワイトデーにはっきりと結びつく逸話は残っていません。それなのに、なぜかホワイトデー=クッキーのイメージが強いですよね。有名な「ステラおばさんのクッキー」が、ホワイトデーには最も売れていると言われています。

ホワイトデーのプレゼントならアクセサリー!?

ホワイトデーに限らず、男性からのプレゼントに満足していない女性は意外と多いもの。表面では「ワー、ありがと」なんて言っていても、心の中では………、ということもあります。これは女性が欲張りな生き物であると同時に、男性がものぐさな生き物だからです。

本命女性へのホワイトデーのプレゼントは、やっぱりアクセサリーでしょう。アクセサリーショップに行くのが恥ずかしくても、今はインターネットで何でも買える時代です。ただし指輪はサイズがあるので、通販は×。ネックレスやピアスなどはサイズも関係なく、でいつでも付けていられるのでおすすめです。

義理チョコなのにホワイトデーにプレゼントをあげなければならないのか、と面倒に思うなら、お返しはしなくても構いません。その代わり、義理といえどチョコレートをくれた女性の好感度が下がることは覚悟してください。その場合はもちろん、来年はチョコレートはもらえないでしょう。

ホワイトデーのプレゼントに困ったら、食事に連れて行くのも手。本命なら少し気取ったレストラン、義理ならいつもの定食屋を選べばOKです。これなら形で残らないのでさっぱりしていいですし、1食分浮くので女性も喜ぶはず。ホワイトデーの食事プレゼントがきっかけで、女性とより仲良くなれるかもしれませんよ。

ホワイトデーで女性が喜ぶ一番のギフトとは

女性は常に男性の愛情を確かめないではいられない生き物です。クリスマスや誕生日、ホワイトデーはまさにその絶好の機会。食事、ギフト、ありとあらゆるものから、男性がいかに自分を愛してくれているかをはかろうとします。これに応えようとしないのは、男がすたるってものです。

ホワイトデーで女性が喜ぶ一番のギフトは、二人だけの特別な時間。これは付き合って3ヶ月だろうが、5年だろうが、結婚して10年だろうが変わりません。そろって出かけることなどすっかりなくなった夫婦でも、この日ばかりは奥さんをデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

ホワイトデーのギフトとして一般的なのはクッキー、キャンデー、マシュマロなどのお菓子ですが、これを本命女性にあげるのは考えもの。年に一度しかないホワイトデーだというのに、ギフトがお菓子だけというのはちょっと色気がありませんよね。なにかしらのプラスアルファを付けるべきです。

ホワイトデーのギフトで大切なのはセンス。義理チョコのお返しも手を抜いてはいけません。女性の噂は一週間で地球を7回半回ります。「あの男センスない」なんて思われたら終わりなのです。それに、ここでがんばっていいギフトを選べばあなたの株はぐんとUP!来年は本命チョコがもらえるかも…。

ホワイトデープレゼントのラッピングは重要

ホワイトデーに限ったことではありませんが、女性はプレゼントが大好きです。もらえるかしら?というドキドキ感、一体なんだろう?というワクワク感、中身そのものよりもこのドキドキワクワク感を女性は楽しんでいるのです。この気分をさらに盛り上げるのが、プレゼントのラッピングです。

ホワイトデーのプレゼントのラッピングは、基本はお店におまかせでOK。会計の時に「ラッピングお願いします」と一言添えるだけでいいのです。慣れない女性物の買い物が恥ずかしく、お店にいる時間を一秒でも縮めたい人にとっては辛い時間ですが、愛する女性のためと思ってがんばってください。

お店のラッピングに満足できないのなら、自分でしてしまうのも手。雑貨店やインターネットでは様々な種類のラッピング用品を販売しています。ラッピングペーパー、リボン、シールの3種の神器で、ホワイトデーのプレゼントをより素敵に飾ってあげてください。

プレゼントとラッピングは切っても切り離せないもの。ラッピング代を別に取るお店もありますし、自分でラッピングするにも必要なものは買わなければいけませんが、そんな小銭をケチっている場合ではありません。次のホワイトデーにはびしっとラッピングをしたプレゼントをあげて、女性を喜ばせましょう。

ホワイトデーにスイーツのプレゼント

男性は知らないかもしれませんが、スイーツに詳しい男性には女性は一目置くものです。恋人や奥さんがいる男性ならなおさら。なぜなら、「恋人や奥さんを喜ばせようといつも買ってあげているのね」と考えるからです。ホワイトデーはそんな所を見せ付ける絶好のチャンスですよ。

ホワイトデースイーツの代表格、クッキー。義理チョコのお返しとしてこれほどふさわしいものはありません。食べてしまえば邪魔にはなりませんし、日持ちもするのでお客さん用の茶菓子として取って置くこともできます。会社のOLたちへのお返しならみんなで食べてと大きなパッケージを渡してもいいでしょう。

ホワイトデーのスイーツとしてクッキーについでポピュラーなマシュマロ。普段はそれほど目にすることのないものですが、ホワイトデーの時期には店頭にずらりと並ぶので、買うのに骨を折ることはないでしょう。ただし、クッキー以上に当たり外れが大きいものなので注意してください。

ホワイトデーの贈り物にスイーツを選ぶのは、ほぼ正解。義理チョコのお返しならスイーツを選んでおけば間違いはありません。ただし、ある程度おいしい物であることは必須。おいしくないスイーツなど贈ろうものなら、センスのない男だと思われてしまいますよ。

ホワイトデーのお返しランキングをチェック!

ホワイトデーのお返しに一切悩まない男性はそう多くはないはず。悩まない人は毎年決まっていたりするのでしょうが、これは女性からあまりよく思われていない可能性も…。試しにホワイトデーのお返しランキングをネットで調べてみてください。あなたは見当違いの物を選んでいませんか?

とあるアンケートによると、ホワイトデーのお返しに本命から欲しい物ランキング1位はアクセサリー。しかし、同じアンケートでの本命へあげたい物ランキング1位はクッキー。女性の欲しい物と男性のあげたい物がかけ離れていることがわかります。本命相手にクッキーはちとケチ臭い気がするんですが…。

とあるアンケートによる、女性が望む義理チョコに対するホワイトデーのお返しランキングでは、クッキーが2位。1位はというと、「何もいらない」です。女性側からみるとバレンタインデーというイベントだけを楽しんで、特に見返りは期待しないということでしょうか。

ホワイトデーのお返しランキングを載せている個人のブログもあります。本当に個人的な意見でしかないのですが、だからこそ結構おもしろい。女性は「これ(得てして高級品)もらったら嬉しいかも♪」男性は「めんどくせーふざけんな」、ホワイトデーに対する男女の認識の違いが丸わかりです。